アイフルログインする前に!

アイフルの会員ログイン・審査申し込みをする前に、じっくりと他のカードローンと比較してみてカードローンを選んでください。
比較のポイントは「金利」「限度額」「無利息サービス」「総量規制」です。

アイフルのキャッシングローン商品内容

金利 年4.5%~18.0%
限度額 1万円~500万円
※アイフルの利用限度額が50万円超、 または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。
無利息サービス 無利息サービスはありません。
総量規制 総量規制の対象です。

アイフルの最高金利は18.0%です。
利用金額が100万円以下の場合はこの18.0%が適用されます。
消費者金融系のカードローンの最高金利は18.0%の商品がほとんどですが
銀行系のカードローンは最高金利15.0%以下の商品が多いのが特徴です。
カードローンの借り換えやカードローンの新規契約をお考えでしたら銀行系のカードローンをおすすめします。

カードローン比較

カードローン 審査 融資 土日祝 金利 限度額 無利息 総量規制
みずほ銀行
最短即日 最短即日 × 年3.0%~7.0%
[エグゼクティブプラン]
年4.0%~14.0%
[コンフォートプラン]
1000万円 なし 対象外
バンクイック
最短30分 最短即日 対応 年4.6%~14.6% 500万円 なし 対象外
オリックス銀行
最短即日 最短即日 × 年3.0%~17.8% 800万円 なし 対象外
楽天銀行
最短即日 最短即日 対応 年4.9%~14.5% 500万円 なし 対象外
三井住友銀行
最短30分 最短即日 対応 年4.0%~14.5% 800万円 なし 対象外
静岡銀行
最短30分 最短即日 × 年4.0%~14.5% 500万円 なし 対象外
スルガ銀行
最短即日 最短即日 × 年3.9%~14.9%
[リザーブプラン]
800万円 なし 対象外
プロミス
最短30分 最短即日 対応 年4.5%~17.8% 500万円 30日間 対象
レイク
最短30分 最短即日 対応 年4.5%~18.0% 500万円 30日間
or
180日間
対象外
アコム
最短30分 最短即日 対応 年4.7%~18.0% 500万円 最大30日 対象
アイフル
最短30分 最短即日 × 年4.5%~18.0% 500万円 なし 対象
モビット
最短即日 最短即日 対応 年3.0%~18.0% 800万円 なし 対象

カードローンに関することで

カードローンを利用するためには、審査に通る必要があります。この審査に通らなければ、利用することは出来ません。審査に関しては、審査不要と言っている業者もありますが、そうした業者ですと、違法な取り立てや金利が超高利などといった問題が起こることがあるので、審査が通りやすいのでと安易に業者を選んでしまうことは危険です。審査については、特に初めての人は不安もあると思いますので、多くの業者でやっている「お試し診断」を受けることをお勧めします。いくつか「お試し診断」を受けたら、自分の状況からするとこの業者なら、通る可能性が高いと判断できるところが出てきます。やはり、審査にパスできる可能性が高いところに申し込むことも大事なことなのです。

万が一、最初の業者の審査に落ちて、次の業者に申込もうとする場合は、審査に通るための難易度が高くなってしまいますからね。それから、審査申し込み時の注意点として、簡単なことになりますが、申込用紙に記入する情報に間違いがないようにすることです。申込用紙に記入した情報に間違いがあると、条件的には審査に通る人であっても間違いが原因で、審査に落とされることもあります。そして、絶対に嘘の記入をしないことが必要であり、嘘の記入をしてしまうと気ずかれてしまうことが多く、そうなってしまうとそれだけで審査に落とされてしまうので、正直に審査に臨むことが大事なことです。

カードローン審査の基準に関して

最近よく聞くカードローンはカードでお金を借りることで、借入れ機関は銀行や消費者金融会社などがあります。その場合使い道は確認されませんが、審査があって通らなければお金を借りることができません。審査の基準は金融機関によって違うので一概には言えませんが、誰にでも急な出費は考えられます。どうしても必要なときは利用してみましょう。 おすすめはバンクイックです。

お金を借りると言うと不安がありますが、使い方を間違えなければ非常に助かるものになります。審査基準で考えられることは収入です。もちろん多いにこしたことはないですが、それだけを見られるのではなく安定しているかどうかです。さらに仕事は職種というよりも勤続年数を見られます。想像してわかりますが、仕事をコロコロと変えている人よりもたとえ収入が少なくても安定していて同じ勤務先で長く務めている人のほうが信用が得られるということです。意外なところでは住所です。頻繁に引っ越しをしている人は何かあるからというふうに見られる場合があるのです。

急な出費に対応したいのですから、早く現金を手にしたいところですが、実際にはカードローン審査に申し込んでみないと借り入れができるかわかりません。ですから迷っているヒマはありません。すぐにさがしてみることが先決です。 三菱東京UFJ銀行カードローンで一本化するなら消費者金融よりも低金利でおまとめできるのでいいです。

消費者金融の審査で優遇される人とは?

消費者金融事業を展開する業者は世の中に多数存在します。それぞれの企業で独自の審査基準を設けているため、その結果もご利用ケースにより異なるはずです。しかし、どの企業のサービスに申し込んでも、審査を高い確率で通過する人が存在します。たとえば職業が公務員の人です。公務員といえば、安定した職業のイメージがあるはずです。もちろん各貸し出し企業でもその様に考えているため、審査通過の可能性が高いのです。余程のことが無い限り、公務員であればまず審査に通過します。また、年収や職業の条件が一緒であれば、既婚者よりも独身者の方が優遇される傾向にあります。

なぜならば、既婚者であれば生活費が余計にかかることが、想定されるからです。さらに、電話の固定回線を契約している人を、優遇する企業も存在します。審査では、多方面から対象者の資質を判断しています。企業の審査で、返済能力が高いとみなされれば、貸し出し実施の願いが叶うことでしょう。ちなみに、いくつもの貸し出し企業に、同時にお申し込みになるのは、回避された方が賢明です。消費者金融へのお申し込み記録も、信用情報の照会対象となります。その件数が多ければ、そこに何か原因があると勘ぐられます。何かやましい理由がなくとも、一つ一つ申し込まれた方が、良い結果へとつながるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加